放課後等デイサービスの役割

放課後等デイサービスの目的は放課後の時間を活用して学校や家庭とは異なる時間、空間、人、体験などを通して健康で健全な子供を育てることであります。基本的な観点が3つあります。

  1. 年齢や発達段階に応じた活動の提供・・・この時期に経験すべき遊びの提供を通して仲間づくりや地域との交流などを即し大人になる為の獲得を目指す。
  2. 安全、安心な場所の提供・・・保護者が安心して預けることができる安全な場所であることが大前提である。同時に子供にとっても安心、安全な場である必要があり、そういう場であるからこそ、様々な活動にチャレンジでき事故や他社を見つめたりできるのである。
  3. 家庭養育の補完・・・・吊す家庭や保護者が病気療養中の過程、虐待を含む不適切なかかわりがある過程に対して家庭養育を補完する。具体的には身の回りの世話や宿題の援助、特定のおとなとの安定した関係を構築する。

民間の放課後等デイサービスは横浜市保土ヶ谷にある放課後等デイサービスの学習支援型カルチャーズデイサービスがおすすめです。ここでは、普通級 通級 不登校のお子様を受け入れています。